• 相続放棄の原因と方法について

    遺産相続は親族にとって非常に重要な問題であると同時に、その方法を誤ると親族間におおきな問題を残しかねないものでもあります。

    その為、出来るだけ慎重に行わなければなりません。

    決して亡くなってから考えるというものではなく、生前にしっかりとその方法について考えておかなければいけないものです。



    しかし、中には負債を抱えなくなってしまうという人も少なくありません。
    多くの場合には親族に十分な説明が有りその内容を承知した上で相続されることが多いのですが、中には遺族にその財産を渡すことを優先し、負債を伝えずに亡くなってしまう人も多いものです。

    原則として故人が負債を抱えて亡くなってしまった場合には、その負債は遺産相続とともに相続人に引き継がれることになります。その為、相続税と合わせて相続人は大きな負債を抱えてしまうことも少なくありません。


    最悪の場合には財産と差し引いて負債が大きい場合があり、この場合には相続人が負債を相続することになってしまうのです。

    珍しい@niftyニュースのホームページをチェックしましょう。

    相続放棄はこのように相続人が財産を相続する必要が無いと判断したときに行うもので、相続することが分かってから3か月以内に申請を行うことになります。
    万が一この期間を過ぎてしまうと相続放棄は認められず、負債をしなければなりません。



    しかし、相続人が複数の場合には一人が相続放棄を行うと他の親族の負債が増えてしまうため、大きな問題となりなかなか手続きが進まずに申請期間が過ぎてしまうことも有り、事前に親族間で十分に相談し行うことが重要になります。