• これだけは知っておきたい相続放棄の手続きについて

    相続が発生すると、不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金やローンといったマイナスの財産も相続人に引き継がれます。

    NAVERまとめに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

    マイナスの財産がプラスの財産を上回る場合、被相続人の死亡した日を境に、相続人は借金を背負ってしまうことになってしまいます。そこで、法は、このような事態を避けるために、相続放棄という手続きを用意しています。

    相続放棄とは、一切の財産の相続を否定する意思表示のことをいいます。

    相続放棄をすれば、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続することはありません。


    つまり、放棄により借金生活を回避できるわけです。
    相続放棄の手続きは、相続が開始したことを知った日から3カ月以内に、家庭裁判所に申述する方法で行います。


    3カ月を経過してしまうと原則として放棄の手続きができなくなるので注意が必要です。



    なお、一度放棄の意思表示をした後は撤回することはできません。

    家庭裁判所で受理されると、放棄をした相続人は初めから相続人とならなかったものとみなされます。



    したがって、相続人が放棄者以外にもいる場合には、放棄者が初めから相続人とならなかったものとみなされる結果、他の相続人の相続分が増えることになります。
    たとえば、相続人がABCの子3人の場合で、Cが相続放棄をした場合、放棄がなければABCの相続分はそれぞれ3分の1ずつですが、Cが放棄をすることにより、ABの相続分は2分の1ずつに増えるというわけです。