• 相続放棄は手続きが必要

    被相続人が亡くなると、法定相続人は財産の相続手続きをおこなうのが一般的です。



    しかし、相続財産はプラスの財産といわれる預貯金などの動産や、土地家屋などといった不動産ばかりではありません。

    被相続人の負債などのマイナスの財産も、法定相続人の相続財産となってしまうのです。

    日本経済新聞の最新情報が揃っています。

    しかも、プラスの財産は相続するけれど、マイナスの財産は相続しないといった、相続人に都合の良い分け方は出来ません。

    こだわりの相続放棄情報探しならこちらをご確認下さい。

    あくまでも、相続するものは、プラスとマイナスのすべてを合算した財産となるのです。けれども、被相続人が作ったマイナスの財産が多いとき、法定相続人だからといってそれを背負わせるのはあまりにも理不尽です。


    そこで、法定相続人の利益が必要以上に阻害されないために、相続放棄という手段があるわけです。
    相続放棄の手続きは、通常、相続が開始されてから3か月以内におこなう必要があります。


    相続放棄手続きのホームページなどを見れば、どのような書類や手数料が必要かなどが分かりますから、自分でおこなうことも出来ます。

    ただし、必要書類としてたくさんの人の戸籍謄本などが必要となる場合もありますから、自分でそれを取り寄せるのが難しいときには、手数料を支払っても専門家に任せた方が簡単です。

    もちろん、マイナスの財産が多くても、相続人の責任としてそれを相続し、返済していけないという決まりはありません。

    財産を相続するか、相続放棄の手続きを取るかは、あくまでも個人の自由と裁量に委ねられているのです。