• 相続放棄が必要なときってどんなとき?

    相続放棄とは、その名の通り、相続を放棄することです。

    この手続きをすると、「相続人ではない」状態になりますので、いっさい資産を受け継ぐことがなくなるばかりか、相続に関する手続きにもいっさい参加する必要がなくなります。
    親からの資産を受け取りたくない場合にすることになりますが、相続をすることになにか不安要素がある場合にも、行うことがあります。

    例えば、親がだれかの連帯保証人になっていそうなとき、交通事故などを起こして、損害賠償の請求をされる可能性があるときなど、とにかく親の権利・義務を引き継ぎたくないときに、相続放棄を行います。


    一番多いケースが、親が借金を抱えている場合でしょう。

    しかし、親が借金を抱えているからといって、すぐに相続放棄を行うのは待ったほうがよいです。


    例えば、1000万円の土地、1500万円の借金があるときには、普通は相続放棄をしたほうがよいかもしれません。



    しかし、なにか事情があって、1000万円の土地を引き継ぎたいということもあります。

    NAVERまとめといえばこちらです。

    その土地に思い入れがあるという事情などです。

    その場合には、限定承認という方法がとれます。



    限定承認をすると、1000万円の土地と、1000万円の借金を引き継ぐことになります。

    借金の返済義務は残りますが、1000万円の土地を引き継ぐことにメリットがある場合には、そちらの方法をとったほうがよいでしょう。親の借金が不明なときには、個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるのが一番です。
    しかし、個人間の借金などは把握できないので、死亡した人が残した書類などをしっかりと調査をしておきましょう。